読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びゅーの一口音楽鑑賞

アラサーのヲタ女が、ジャンル関係なく気に入った音楽や気になる音楽を1日1回紹介するだけのブログです。

千と千尋の神隠し オリジナルサウンドトラック

皆様、こんにちは。びゅーです。気圧に影響されて頭痛が頻繁に発生しやすい頭をしています。

 

このブログをだらだら書いているまさにその瞬間、金曜ロードショーでは「千と千尋の神隠し」が上映されているではありませんか!

ということで、今日はジブリアニメの『千と千尋の神隠し』のオリジナルサウンドトラックからびゅーが気に入っている曲を3曲紹介します。音楽を担当されているのは、勿論この方、久石嬢さんです。

 

1.あの夏へ

千と千尋の神隠し』の始まりと終わりを彩るメロディーが綴られています。ピアノのメロディーが印象的ですよね…。ピアノ以外にも色んなパートが同じメロディーを奏でるのですが、やはりピアノのインパクトが強いです。久石嬢さんが手がけているから尚更。もう一つの聴きどころは曲の後半部。メインメロディーに合わせながら曲が少しずつテンポアップしていきます。まさにこれから物語が始まる。そんな雰囲気が出ていますね。

 

2.神さま達

繁盛している油屋の様子、思い思いに自由にしてる神さま、日本民謡のような懐かしい感じなど色々なイメージが沸いてきます。しっとりとする曲や、ちょっと怖めな曲が多い千と千尋のBGMですが、これは聴いていて楽しいと思う曲ですね。それから、 曲の随所随所でわしゃわしゃ言ってる効果音や女の人の「う~~~~~や~~~」みたいな声も好きです。

 

3.ふたたび

やはりこの曲も外せないでしょう!『千と千尋の神隠し』のクライマックスシーンが脳内に浮かんできます。物語の進行に合わせて音楽も少しずつ変化していきます。ハクが銭婆の家まで迎えにきたところで最初のオーボエソロが始まり、千尋がハクのことを思い出すシーンでは静かな曲調になります。曲中で盛り上がるのは間違いなく終盤。ハクが自分の名前を思い出したシーンです!オケの演奏がとても壮大です。映画を見たことある方ならほぼ絶対思い出せるBGMに違いありません。

 

そういえば吹奏楽譜でも『「千と千尋の神隠し」ハイライト』というメドレー曲があって、「あの夏へ」と「ふたたび」もメドレーに組み込まれているんでしたね。余所の楽団が演奏しているのを聴いたことがありました。

千と千尋の神隠し」で魅力的と思えるのはBGMだけではありません。今回はご紹介しなかった木村さんの主題歌「いつも何度でも」。ユーモラスな神さま達。物語に出てくる独特な背景やちょっとした小ネタなど、面白いところが沢山ある作品だとびゅーは思います。