読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びゅーの一口音楽鑑賞

アラサーのヲタ女が、ジャンル関係なく気に入った音楽や気になる音楽を1日1回紹介するだけのブログです。

Saika

ゲーム音楽 音楽鑑賞

こんにちは、びゅーです。先日から寒い日が続いております。

関東平野は雪は積もっていないものの、乾燥している為か、風邪ひきさんが目立っています。びゅーの周りでは今日もマスクをしてコンコンしている人達が…。

 

今日は音楽ゲームCytusに登場する楽曲『Saika』をご紹介します。

コンポーザーはRabpit氏。『Cytus』ではChapter3に収録されていて、譜面の難易度もそこまで高くなく遊びやすい曲になっています。

 

1.「和」を意識したポップな曲

イントロから曲の至るところでシンセと合わせるように琴や笛のサウンドを混ぜていることろが粋で良いです。ゆったりとしない弾むようなテンポ でとても聴きやすいですね~。

www.youtube.com

 

2.裏譜面バージョン

 『Cytus』である仕掛けを解くと遊べるようになる裏譜面の時では、先のポップで聴きやすいイメージからガラリと変わる曲調になります。テンポはずっしりとし、ギターやベースがぶいぶい鳴っています。表譜面と裏譜面、共通のメロディーが流れる前のギターと尺八のパートがとてもかっこいいです。びゅーはこのような「和」のようなものを持ったロックな曲やBGMが好きですね~。

www.youtube.com

 

3.Deemoバージョン

『Saika』はこのように複数バージョンありますが、Rabpit氏はこの曲をDeemo向けに更にアレンジしています。Deemoだけにピアノを全面的に意識したアレンジとなっています。メロディーラインは殆どピアノですね。しかしCytusのものと比べると全然違う曲に聴こえます。個人的には表譜面バージョンと裏譜面バージョンをいい感じにマージして曲全体を尖らせた…そんな感じがしますね。因みにこの曲、実際にゲームで遊ぶ場合、最大難易度であるHARDのレベルは低めに設定されているので音ゲーが苦手な方でも安心してフルコンボを狙いやすい曲に仕上がっています。

www.youtube.com

 

『Saika』は曲のパターンがとても多く、Rabpit氏が手掛けただけでも4パターンあります。更にCytus100万ダウンロード記念で解禁されたChapterMでは、VILAというアーティストがRabpit氏の楽曲をアレンジしてメドレーにした「The Sacred Story」という曲を作っています。勿論、『Saika』もメドレーの中に含まれていて、これがすごく壮大な仕上がりになっているんですよね…。