読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びゅーの一口音楽鑑賞

アラサーのヲタ女が、ジャンル関係なく気に入った音楽や気になる音楽を1日1回紹介するだけのブログです。

戦-ikusa-

アニメ音楽 邦楽 音楽鑑賞

こんにちは、びゅーです。『人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP』なる番組をついつい見てしまった為、ブログを書く時間がこんな遅い時間に…!!

日中は東京江戸博物館で開かれている『戦国時代展』に行ってきました。川中島の合戦絵巻や鞍、短刀『五虎退』なんかを観てきましたよ~。勿論、戦国無双とコラボしているオーディオガイドを聴きながら回りました。毛利元就公による菅原道真の解説がちょっと面白かったです。

今日は和楽器バンドの『戦-ikusa-』を紹介したいと思います。和楽器バンドと言うと『千本桜』や『天樂』等ボカロ曲のカバーのイメージが強いかと思いますが、この『戦-ikusa-』は和楽器バンドのオリジナル曲なのです。

 

1.和楽器と軽音楽器の組み合わせ

 アーティスト名の通り、ロックバンドの他に尺八や三味線、箏和太鼓といった和楽器が組み込まれているのですが、意外とこの組み合わせが合っています。ギターが加わることでより曲の疾走感が増し、ベースやドラムがより曲に対して重みを付けていくことでポップでカッコいい和の演奏を実現させているのだと思います。『戦-ikusa-』の見どころのパートはやはり尺八。かなり荒ぶっています。

 

2.メロディーの高低差が少ない

 これはすごく個人的な見解なのですが、この曲のメロディーは音の高低差…揺れ幅が小さい方だなと思いました。つまり…カラオケで歌いやすいのでは!?ということです。例えばカラオケで曲を歌う時、Aメロのキーが低すぎて声が出ないまたはサビのキーが高すぎて声がひっくり返って綺麗に歌えない…なんてことがありますよね。『戦-ikusa-』のメロディーはどの部分でも突然裏声っぽくなったり低くなったりという箇所が少ないのです。敢えて難所を上げるならば、Bメロの「ふわり風が凪いだ…」の部分でしょうか…。

 

3.戦国無双に寄せた歌詞

この曲はアニメ「戦国無双」またはゲーム「戦国無双4-Ⅱ」のテーマソングとして起用されていました。和楽器バンドのメンバーである亜沙氏が作詞した歌詞は、戦国無双の登場人物のイメージによく似合っています。サビの「笑って笑ってるように どうか誓いの中で散らせてくれ」といった歌詞は、まさに信念を貫き通して自ら戦に散ろうとする、戦国無双真田幸村に重ねられるのではないでしょうか。

 

 和楽器バンドはニコニコ動画で「演奏してみた」系動画に動画を投稿したことがきっかけでデビューし、わずか数年の間で国内にとどまらず海外でもライブを成功させるなど、脅威のスピードで活躍の幅を広げている大型バンド。これからどんな曲を提供するのか期待されるところです。