びゅーの一口音楽鑑賞

アラサーのヲタ女が、ジャンル関係なく気に入った音楽や気になる音楽を1日1回紹介するだけのブログです。

かぜのフラメンコ

こんにちは。びゅーでございます。

ヨーグルトは朝食べるか夜食べるか迷うところですが、最近夜に食べることが多いです。

 

今日は「かぜのフラメンコ」についてかる~くご紹介します。

私はなんとかなっていますが、びゅーの身の回りの殆どの人達が熱が出た喉痛いやらでダウンぎみです。皆風邪ひいてるな~、て考えてた時にふと「かぜのフラメンコ」という曲があったことを思い出しました。

おかあさんといっしょ」で使われていた歌です。いやはや懐かしい。

 

1.ふらふらフラメンコ

 率直に、フラメンコと歌の題材である「かぜ」の組み合わせが面白いと思いました。「かぜのフラメンコ」って音だけできくと聞こえがよさそうですけど、書き方を変えたら「風邪のフラメンコ」ですから(笑)

それに発熱で体がふらふらしてそのままフラメンコを踊りそうな流れになるところも面白いです。曲もフラメンコ調なので風邪の歌なのにどこかかっこいい感じがしてしまいます。

 

2.風邪ひいてる歌詞

 タイトル通り、風邪の歌なので当然歌詞も風邪ひいちゃった大変みたいな内容です。「くしゃみ鼻水とまらない」といった風邪ひいたあるあるな歌詞があれば、「まわるてんじょう ゆれるベット」という風に、熱に浮かされ目が回って視界が回ったり揺れたりしている状態を表現しているような歌詞もあります。しかし…。

 

おきてるはずでも ゆめのなか

 

リアルにそんな状態になったら本気で心配するレベルです(汗) 

 

3.情熱のあきひろお兄さん

「かぜのフラメンコ」ですが、びゅーの知っている限りではけんたろうお兄さん・あゆみお姉さんが歌ったものと、あきひろお兄さんとりょうこお姉さんが歌ったものがあります。両方のバージョンの歌もそれぞれ良かったのですが、中でも印象に残ったのはあきひろお兄さんの歌声でした。サビの「まわるてんじょう ゆれるベット」のところが妙に情熱的なのです。妙な色気を放っているのです。

 

「かぜのフラメンコ」はびゅーも教育テレビで実際に見た記憶があります。お兄さんとお姉さんがフラメンコ踊ってたり、最後にでっかい注射を持ったお医者さんが出てきたシーンがあったのはおぼろげな記憶として残っています。

注射と言えば。びゅー的に注射は針が刺さる痛みというより針を通して何かが体を出たり入ったりするのが苦手というか、何ともいえない気分になります。あと皮膚の薄い部位というか痛覚を思い切り感じる部分に打たれることがあります。やっぱりいつの時代になっても注射は嫌ですね…(笑)

皆様も風邪には気を付けましょう。

 

Saika

こんにちは、びゅーです。先日から寒い日が続いております。

関東平野は雪は積もっていないものの、乾燥している為か、風邪ひきさんが目立っています。びゅーの周りでは今日もマスクをしてコンコンしている人達が…。

 

今日は音楽ゲームCytusに登場する楽曲『Saika』をご紹介します。

コンポーザーはRabpit氏。『Cytus』ではChapter3に収録されていて、譜面の難易度もそこまで高くなく遊びやすい曲になっています。

 

1.「和」を意識したポップな曲

イントロから曲の至るところでシンセと合わせるように琴や笛のサウンドを混ぜていることろが粋で良いです。ゆったりとしない弾むようなテンポ でとても聴きやすいですね~。

www.youtube.com

 

2.裏譜面バージョン

 『Cytus』である仕掛けを解くと遊べるようになる裏譜面の時では、先のポップで聴きやすいイメージからガラリと変わる曲調になります。テンポはずっしりとし、ギターやベースがぶいぶい鳴っています。表譜面と裏譜面、共通のメロディーが流れる前のギターと尺八のパートがとてもかっこいいです。びゅーはこのような「和」のようなものを持ったロックな曲やBGMが好きですね~。

www.youtube.com

 

3.Deemoバージョン

『Saika』はこのように複数バージョンありますが、Rabpit氏はこの曲をDeemo向けに更にアレンジしています。Deemoだけにピアノを全面的に意識したアレンジとなっています。メロディーラインは殆どピアノですね。しかしCytusのものと比べると全然違う曲に聴こえます。個人的には表譜面バージョンと裏譜面バージョンをいい感じにマージして曲全体を尖らせた…そんな感じがしますね。因みにこの曲、実際にゲームで遊ぶ場合、最大難易度であるHARDのレベルは低めに設定されているので音ゲーが苦手な方でも安心してフルコンボを狙いやすい曲に仕上がっています。

www.youtube.com

 

『Saika』は曲のパターンがとても多く、Rabpit氏が手掛けただけでも4パターンあります。更にCytus100万ダウンロード記念で解禁されたChapterMでは、VILAというアーティストがRabpit氏の楽曲をアレンジしてメドレーにした「The Sacred Story」という曲を作っています。勿論、『Saika』もメドレーの中に含まれていて、これがすごく壮大な仕上がりになっているんですよね…。

 

 

宝島

こんにちは。びゅーでございます。

昨日、東京駅一番街の地下を歩いていた時に聞き覚えのあるBGMが流れていました。気になって何もない場所で足を止めて聴いてみたら「宝島」の曲。なんだか懐かしかったですね…。 

 ということで、今日は吹奏楽をたしなんだことある方々なら8割は知っているであろうポップス定番曲「宝島」を紹介したいと思います。New Sounds in Brass・真島俊夫さん編曲でお馴染みですが、元々はT-SQUAREというバンドが発表した和泉宏隆さん作曲のものでした。

 

1.注目のアルトサックスソロ

「宝島」で目立つパートの一つといえばやはりアルトサックスでしょう。

曲の中盤ではアルトサックスソロが展開されています。「宝島」を知っている人達もやはりこの16小節間独走するあのソロを誰がどんな風に吹くのか、というところは楽しみにしているのではないでしょうか。

そういえばアニメ「響け!ユーフォニアム2」では劇中で主人公たちの吹奏楽部が駅ビルコンサートで「宝島」を吹く場面があって、例の長いアルトサックスソロをバリトンサックスで演奏する…という演出がありましたね。 

 

2.ホルンパートの譜面

個人的に影でひっそりと曲を盛り上げているのがホルンパートではないかと思うのです。メロディーの裏ではホルンパートが高音のサウンドでグリッサンド等をきかせています。そんなホルンパートですが、最近譜面の誤りが一か所発覚したのだとか。

間違いが明らかになったのは2014年6月放送の番組「題名の音楽会」でのこと。なんと4つあるホルンパートの内3パートがそれぞれ本来吹くべき音から半音ずれていたのです。まさか譜面の間違いが見つかるまで27年間このまま吹き続けていたことになったとは…。

 

f:id:viewmusic:20170115205353j:plain

 

3.美味しいトランペットとトロンボーン

「宝島」でもう一つ、目立つ箇所を挙げましょう。それは、アルトサックスの長いソロと8小節間のパーカッションソリの後に展開される8小節間のトランペットとトロンボーンのソリです。清々しいくらいのユニゾンでよく動くメロディーです。このソリを吹いている時のトランペット・トロンボーン奏者の顔や動きをよく見てみたくなってしまいます。だって皆さん、ノリノリで吹いていらっしゃるでしょうから。

 

パーカッションソリから始まる明るくノリのいい曲で、コンサートのアンコール曲などによく使われています。高校の吹奏楽部から一般団体まで幅広い世代の楽団が愛用していますよね。勿論、びゅーも学生時代に演奏したことがありますし、何よりこの曲を吹いている時のパーカッション・トランペット・トロンボーンパートの表情が皆生き生きとしていたのをよく覚えています。

 今年もどこかの演奏会でこの曲が使われ、演奏している人達や演奏を聴いている人達を楽しませているのでしょう。

 

 

悪ノ娘

こんにちは。びゅーでございます。

今日はマリー・アントワネット展に行ってきました。こういって特別展示は久しぶりでしたね…。オーディオガイドを聴きながら、濃密な時間を過ごして参りました。 

 

今回、このブログで初めてVOCALOID曲を紹介しようかと思います。ボカロ曲はネット上での盛り上がりがすごく、一部ファンによる歌の考察なんかも山のように書かれています。びゅーが今更書くようなこともないんじゃないかというくらいです。

そんな中、今日は悪ノPさんが制作された鏡音リンのボカロ曲「悪ノ娘」について簡単に紹介させて頂きます。悪ノ娘は2008年に配信されたオリジナル曲で、現在でもニコニコ動画で視聴することが出来ますよ~。

 

1.悪ノ鏡音リン

びゅーが「悪ノ娘」の中で面白いと感じたのは鏡音リンの声で入れる台詞。

「オーッホッホッホッホ。さあ、ひざまずきなさい。」 と

「この 無礼者!」

冒頭の甲高いオーッホッホッホ と無礼者がびゅーの中で好きな「悪ノ娘」の中の台詞です。リンの声が悪い高飛車王女のイメージによく合っているような気がしてしまいます。勿論悪い意味ではありません。

 

2.悪ノPさんの壮大な制作過程

曲についての歌詞・音楽の魅力とオススメポイントは私が言わずとも悪ノPさんが全て語って下さっています。 歌のところどころでリンの歌声にオクターブ下で鏡音レンがハモっていたり、歌詞に出てくる登場人物の曖昧な表記を見て「あ。あいつかな?」と想像するのも面白いです。悪ノPさんのブログでは、「悪ノ娘」を作る為に膨らませた物語を知ることが出来ます!

the heavenly yard

 

そういえば、歌の中で王女は齢14で君主になったとありますが、浪費家のイメージで有名なマリー・アントワネットも齢14で後にルイ16世となる男と結婚して祖国を離れてヴェルサイユに行ったんですよね。なんだかシンパシーを感じるものがありますな…。

 

3.悪ノ召使

一応、「悪ノ娘」だけでも物語がちゃんと締められているのですが、「悪ノ娘」の中で突然消えた鏡音レンの声、そして「悪ノ娘」の裏で動いていた物語と真相を知ることが出来る曲があります。それが「悪ノ召使」です。「悪ノ召使」はタイトルの通り、「悪ノ娘」に出てきた顔のよく似た召使いの視点から物語を見た歌で、王女である双子の片割をただ一人守ろうとする、可哀想なくらいひたむきな姿が描かれています。この曲を知ってから再度また「悪ノ娘」を聴くと一層面白いのではないでしょうか。

 

 「悪ノ娘」はその後もファンによる派生作品がぞくぞくと生み出されたり、舞台や小説にもなりましたよね。ボカロ曲1曲が色んな媒体を通してここまで広がっていくのはすごいことではないでしょうか。

 ネットで話題を呼ぶVOCALOIDの曲、鏡音リンの曲も色々聴いて回ってみたいですね…。

 

ファイト!

こんにちは、びゅーです。仕事帰りの寄り道が多くてもうこんな時間に。

いよいよ明日は(投稿する時には日付が変わっているかもしれないですがw)センター試験ですね。大学受験生にとっての大勝負です。緊張が過ぎてご飯が喉を通らないということもあるのかないのか…。そこでびゅーは、このブログを見てくれる人にささやかな応援曲を紹介したいと思います。 

今日は中島みゆきの「ファイト!」を紹介します。1994年の住友生命のCMソングで、シングル「空と君のあいだに」のカップリング曲。ですが元々はもっと前に収録されたアルバムの曲だったのです。

 

1.人生を生きる壮絶な歌詞

 全体的の歌詞を見ると、上京を決意するの少女を後押しする歌…という風に感じとれると思います。ですがこの曲は主人公の少女の心境を淡々と表現しているだけでなく、社会という名の濁流に放り出され、もがき続ける人々の様子を隙間隙間に「暗い水の流れに打たれながら 魚たちのぼっていく」といった歌詞で表現しているのです。特に、「諦めという名の鎖を 身をよじってほどいてゆく」のところは必死にもがいて生きようとする人々の姿が浮かびそうなカッコいい箇所です。

 

2.グッとくるサビ

「ファイト!闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろう

ファイト!冷たい水の中を ふるえながらのぼっていけ」

 このサビだけでも伝えたいことがそのまま伝わりそうな気がします。

一行目の歌詞で頑張るその人を励ます一方で、二行目の歌詞では「冷たい水の中を ふるえながらのぼっていけ」というように、厳しい状況から逃げずに進めという風に歌っています。まさに叱咤激励という言葉がよく似合うサビです。

 

3.邦楽アーティストらのカバー

中島みゆきが発表して以降、2012年に満島ひかりさんがカロリーメイトのCMでカバーしたことでまた一段有名になりました。「ファイト!」は他にも槇原敬之福山雅治、最近ではLittle Glee Monsterもカバーしましたね。どのカバーの「ファイト!」もそのアーティストらしい魅力があります。びゅーがオススメするのは吉田拓郎さんのカバーです。どの部分をとっても味があります。食べ物で例えるなら、美味しい煮魚…でしょうか。

www.youtube.com

 

 

 「ファイト!」はびゅーが受験生だった時、母が薦めてくれた曲でした。最初は長い曲だな…と思っただけでしたが、社会人になってからこの曲について振り返ってみた時に、漸く歌詞のカッコよさにビビッと来たのです。母が教えてくれた時以外でこの曲を知る機会があったか…もしかしたらなかったかもしれませんね。

この現代では将来の夢の為に、社会に順応する為に、辛いことの方を多く味わっている人は沢山いると思います。足掻いても拭えない不安や辛さを感じてる人達に知って欲しい曲だとびゅーは思います。

頑張れ受験生!そして共に頑張ろう社会人。

 

ダンガンロンパ~希望の学園と絶望の高校生~オリジナルサウンドトラック

こんにちは。冬場は虫歯になりやすいらしい、びゅーです。

この日はあるゲームがついに発売しましたね。それはずばり「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」!「キングダムハーツ」じゃないのか!?てツッコミを頂きそうです、すみません。

新しいダンガンロンパの発売にちなんで、ダンガンロンパシリーズの第一作「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」のBGMについて簡単にご紹介したいと思います。曲を担当されるのは高田雅史さん。ダンガンロンパの世界観に沿うべく、全体的にテクノトランス風味 のBGMが多いです。今日は、全63曲あるうちの3曲をここで紹介させて頂ければと思います。

 

1.DANGANRONPA

ダンガンロンパのBGMで外せないのがこのOP曲です。イントロの最後に「ダンガンロンパ」というボイスが入った後のサウンドは明るいとも暗いとも取りづらいワックワクのドッキドキな感じです。因みにびゅーは曲中盤から入るちょっと歪な女性コーラスの部分が気に入っています。何が起こるか想像出来ない不安げな雰囲気がよく出ているのではないかと思いますね…。

 

2.議論 -BREAK-

ゲーム中では学級裁判のノンストップ議論で流れるBGMです。歌のようなメロディーがあるわけでもなくラップのようなボイスとリズミカルなサウンドが淡々と流れているだけなのですが、生死を分ける学級裁判の中で使われるBGMだからか緊張感が伝わってきます。この「議論 -BREAK-」は、学級裁判がヒートアップするに連れて「議論 -HEAT UP-」「議論 -HOPE VS DESPAIR-」とテンションの高いBGMに変わっていくのです。

 

3.ニュー・ワールド・オーダー

 物語の佳境に入る辺りから聴けるようになるBGM。ダンガンロンパは不穏だったり憂鬱だったり緊張感のあるBGMが多い中、このBGMには決定的な手がかりを掴んで形勢逆転するかのような前向きな雰囲気があります。出だしのピアノが既にかっこいいですし、曲全体にアクセントが効いている感じです。ダンガンロンパ2をプレイしている時にこのBGMがかかった時、びゅーは内心テンションが上がってしまいました。

 

なんだかんだ言いつつ、第一作の「希望の学園と絶望の高校生」から既に5年が立ち、気が付けば続編やスピンオフ、アニメも作られています。でも続編のゲームやアニメも、元をたどれば第一作から続いているもの。「希望の学園と絶望の高校生」で何があったのか、結末を知っているともっと楽しめるのです。

スパイクチュンソフトさんはいつでも過去作を楽しめるように最新機種に対応したリメイクも都度作っています。ダンガンロンパは是非、第一作の「希望の学園と絶望の高校生」から遊ぶことをオススメします。

あ。因みにダンガンロンパシリーズはCERO D規定(17歳以上を対象とする表現あり)ですので遊ぶ際はそこのところご了承下さいませ。

 

 

懐かしのトゥモローランドのアトラクション

こんにちは、びゅーです。おしるこが上手いです。

今日は、東京ディズニーランドにあるアトラクション「グランドサーキット・レースウェイ」がクローズする日です。トゥモローランドエリアにあるゴーカートのようなアトラクションですが30年以上運営していましたよね…。トゥモローランドには「モンスターズインク」や「バズライトイヤーのアストロブラスター」など人気のアトラクションが集中していますが、その前にも幾つかアトラクションがありました。ということで、今日はかつてトゥモローランドにあったアトラクションのメインBGMを振り返ってみたいと思います。皆様の知ってるアトラクションはありますでしょうか。

 

1.ビジョナリアム

 現在「バズライトイヤーのアストロブラスター」が運営されている場所にビジョナリアムはありました。このアトラクションに登場するキャラクター「タイムキーパー」は所ジョージさんが声を担当していましたね。メインテーマBGMの冒頭トランペットがカッコいい!このBGMは後にアレンジされて現在のトゥモローランドのエリアBGMにも使用されているのですよ。 

www.youtube.com

2.ミクロアドベンチャー

 ミクロアドベンチャーはシアター形式のアトラクション。マイケル・ジャクソンが没した年から「キャプテンEO」に変わり、今では「スティッチ・エンカウンター」になっていますね。ここのメインBGMはアトラクションを待機している間に延々と聴いていましたね。明るいけ爽やかな雰囲気の曲です。実は、現在でもトゥモローランドやメインエントランスでも流れているのです。

www.youtube.com

 

3.ミート・ザ・ワールド

現在の「モンスターズ・インク"ライド&ゴーシーク"」

の入口にかつて円型の噴水があったことはご存じでしょうか。「ミート・ザ・ワールド」は日本の歴史をアニマトロニクスを交えて追体験するシアター形式のアトラクションでした。またの名を「お父さん・お母さんの休憩所」と呼ばれていたそうな(笑)。シアター終盤ではミート・ザ・ワールドのテーマ曲が流れるのですが、これがまたいい曲なのです。懐かしいと思ってくれる方はどのくらいいるでしょうか。

www.youtube.com

 

勿論、今のトゥモローランドのアトラクションも楽しいものばかりです。

実際私もスターツアーズ大好きですし(笑)

ですがたまには、そういえば前にこんなアトラクションあったな、あの音楽気に入ってたな…て思い出すのも良いかとびゅーは思います。